東京電力と東京ガス セットでまとめるならどっち?

みなさん、こんにちは!タク(@tabikuma_)です。

電気とガスの会社を自由に選べるようになりましたが、みなさんはどの会社を選んでいますか?

まさか、めんどくさいからそのままの会社にしていると言う人はいませんよね?

もし、そんな人がいたら、かなり損をしていますよ!

今回は、主に関東の人向けに、めんどくさい、電気、ガス会社の選び方についてわかりやすく説明していきたいと思います。

たびくま

毎月の出費をできるだけ減らしたいクマ!

どうして今までのではいけないの?セットの方が良い理由は?

猿の悩み

今までの電気会社、ガス会社でもいいのではと思っている人もいると思います。

2016年4月から電力自由化、2017年4月には都市ガスの自由化が始まりました。

そのため、それぞれの会社が競い合って、少しでも電気やガスを安く売ろうとしています。

だから、今までの会社が必ずしも安いとは限らなくなったのです。

オール電化の家もあれば、ガスによる床暖房がある家もあり、条件によって料金はかなり異なってくるのです。

また、多くの会社では、電気とガスをセットにすることで、割引をしてくれます。

だから、自分の家にあった料金形態を選ぶ必要があります。

たびくま

電気は東京電力、ガスは東京ガスである必要性は全くないクマ!

実際に、私も下宿先にはガスを使った床暖房があったので、電気、ガスともに大阪ガスに一本化しました!

(関西の話で申し訳ないです…)

東京電力か東京ガスかを選ぶための3つのポイント

その1 紙の明細が欲しいか

レシート

以前は毎月電気料金の明細が紙で来ていたと思います。

現在、東京電力は紙の明細が有料になっています。

一方で、東京ガスは無料で紙の明細が届きます。

紙の明細だと、必ず目を通すので、電気やガスを使いすぎていないか、毎月チェック出来ますが、オンラインだと、チェックするのを忘れてしまう人もいると思います。

ただ、オンラインに慣れている人にとっては、毎月の明細が一度に見られるという利点もあります。

これは、個人の好みもあるので、好きな方を選んだ方がと良いと思います。

その2 解約料があるか

紙を切る

契約した後に、万が一サービスに満足出来ずに、解約するときにネックになるのは、解約料です。

割り引かれた料金よりも、解約料の方が高かったら、元も子もありませんよね。

東京ガスを解約した場合は、解約料はかかりませんが、東京電力を解約した場合、540円の解約事務手数料がかかります。

基本的に、電気やガスの品質は一緒なので、あまり解約することはないとは思いますが、万が一のこともあるので、計算に入れることを忘れないようにしましょう。

ただ、東京電力を選んでも、540円以上安くなるのであれば問題ないと思います。

その3 どちらが安いか

graph

一番大事なのは料金だと思います。

ただ、他のサイトを見てもなかなか自分の家に当てはまるものがなくて、どちらが安いか分からない人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はシミュレーションを用意しました。

準備するものは、電気料金とガス料金の明細(オンラインでも紙でも可)と筆記用具です。

シミュレーションは下からどうぞ

ちなみに東京電力でガスと電気をセットにすることでAmazonプライムが永年無料になります!

そこも加味して比較してみてください!

セット割 どの会社が良いか見極める方法 まとめ

今回は、東京電力と東京ガスのセット割、どちらを選べば良いかを解説しました。

セット割り どちらが良いのか見極めるPOINT!
  • 紙の明細の有無
  • 解約料の有無
  • 料金比較

今のままでいいや、と思いがちですが、毎月1000円節約すれば、10年後には12万円の節約になります。

夢のハワイ旅行や、高級ディナーも大きく近づきます。

電気・ガス会社の契約切り替えが早ければ早いほど、節約できる金額は大きくなりますから、早めのうちに行動してみましょう!

たびくま

今すぐ見直してくるクマ!

ここをポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です